毛抜きで抜くと濃くなる噂

ムダ毛の処理は肌にダメージを与えるものですので、間違った方法で行ってしまうと肌荒れの原因になります。

ムダ毛を目立たなくする方法として正しい方法を理解しておくことで、お肌にかける負担を少なくすることができます。

ムダ毛の処理の方法は、毛抜きを使ったり、カミソリや、除毛クリームなど様々な方法があります。

正しい知識をつけて行うことで、女性らしい綺麗な肌になることができます。
ムダ毛を目立たなくする方法として毛抜きを使用するときには、事前準備としてお肌を清潔にしておいてから、蒸しタオルで処理を行いたい部位を温めて、毛を抜きやすくできるように柔軟にしておく必要があります。

ムダ毛処理を行うと、毛が濃くなるという噂を耳にしたことがある人もいらっしゃるかもしれませんが、医学的には証明されていません。

毛抜きで処理を行うと毛の数が増えていなくても、見た目的に濃く見えることがあるかもしれません。

ワキなどの処理を行うと、同じ毛穴から数本生えてきてしまうこともあります。
この場合には成長期にあるムダ毛について抜いてしまったために、毛周期が乱れたことが原因と考えられるでしょう

出血してしまったときには、化膿が起きないように消毒するようにしましょう。
処理後には十分に保湿することが大切で、色素の沈着を防止できる化粧品を使うようにしましょう。

埋もれ毛になる仕組み

ムダ毛を目立たなくする方法として、カミソリを使って処理をしたり、毛抜きで自己処理を行ったときに埋もれ毛という症状が現れることがあります。

ムダ毛の処理を行った際に、皮膚を傷つけてしまうとかさぶたができて、毛穴が塞がれてしまい皮膚の表面に毛が出られなくなります。

毛が途中で切れることで先が尖って、毛穴の中の皮膚を貫通してしまいます。

埋もれ毛になる仕組みは、ムダ毛を目立たなくする方法で処理を行ったときに自分で皮膚を傷つけてしまい、新しい毛が表面に出てこようとするときに、古い角質層が毛穴を塞いでしまうことが原因であると考えられています。

埋もれ毛が発生しないように予防するためには、自分の肌質に合ったムダ毛を目立たなくする方法で行うこと、処理方法が合っていないと感じたときには方法を変えるようにしましょう。

カミソリなどを使用するときには、逆剃りや深剃りにならないように気を付けるようにしましょう。

新しい毛が生えてくるときに毛穴を塞がないように、スクラブなどで古い角質を落とすようにお肌のメンテナンスを行うことも大切です。

古い角質を洗顔などでしっかりと落としておいたり、傷ついた肌が長い期間放置されないように保湿成分をたっぷりと含んだ美容液を使用して、処理後のアフターケアを入念にするようにしましょう。

アンダーヘア柔らかくしようと自己処理をしたりしない方がいいです。

脱色ってどうなの?

ムダ毛を目立たなくする方法には、除毛・脱毛・脱色があります。一般的に太くて濃いムダ毛には脱毛が適しており、繰り返し抜くことで少しずつ質が変わって細くなることもあります。除毛は広範囲のムダ毛や比較的目立たないムダ毛に対して有効な方法であり、短時間で処理できる点が最大のメリットです。

脱毛や除毛が様々な方法でムダ毛を取り除く方法なのに対し、脱色は根本的に異なります。ムダ毛自体はそのままであり、色を抜くだけです。除毛と同じように細くて目立たない毛に対して有効な方法であり、脱毛のような痛みもありません。

細いムダ毛を目立たなくする方法として、実は除毛よりも脱色の方が肌への刺激が少なく安心です。肌を守っているものに角質がありますが、その角質が剃る時に一緒に削り取られてしまう可能性が高く、除毛後には肌トラブルを引き起こしやすくなります。どんなに気をつけていても目には見えない程度の細かな傷がつくことは避けられませんので、色を抜くだけの方が安全だと言えます。

ただし、肌の弱い人はいきなり使うとかぶれや皮膚トラブルを起こすこともありますので注意が必要です。必ず事前にパッチテストを行い、刺激の程度を確認してみることが大切です。